試験をする

金属を加工する機械

日常的に用いるものが何で出来ているのかを知ることは重要なことです。もし原料として用いられた物質の強度が分からなければ、どれほどの年数を耐えられるのか、どんな状況で壊れてしまうのかといった基本的な情報が不足してしまい、事故の原因につながるためです。そのような状況を防ぐため、様々な材料試験が行われています。材料試験によって材料の強度だけでなく、伸縮性や粘性と言った情報を集めることで、様々な角度から老朽化までの年数や使用上の注意点を特定することが可能です。材料試験によって得た細かなデータから、世に出回る商品の安全性と実用性を保証することができるのです。材料試験は、物に溢れる現代において、避けては通れない登竜門なのです。

一言に材料の強度を測ると言っても、実に多くの材料試験方法が存在します。また、材料試験には商品の材質と全く同じ性質を持った試験片が用いられます。材料試験の内容によって、試験片の形状をそれに適したものにすることで、より正確なデータ収集を可能としています。では、実際どのような材料試験が考えられるでしょうか。試験片を一定の軸方向へ引っ張ることで、形状変化する臨界点や材料が持つ弾性を調べる材料試験を引張試験と言います。また、材料の持つ硬度を測定するために、一定の形状をした物質を押し付けて測定する試験や、試験片にハンマーを落として跳ね返った高さを測る試験を硬さ試験と言います。その他、反発性や疲労度を測る試験なども挙げられ、実に多くの観点から材料の持つ能力を正確に測ることが可能なのです。