金属加工をするドリル

拡大表示の技術

PCBの混入が防げなかった場合にそのまま処分すると問題になりますよ。レベルの高い作業員がPCB濃度をチェック分析できます。

細かい泡で汚れを浮かせば余計な洗浄剤は必要ありません。マイクロバブルはそんな画期的な製品であり業界から注目されています。

マイクロスコープとはパソコンのディスプレイやテレビ画面上に拡大画像を表示する装置のことをいう。科学分野ではマイクロスコープとはカラーカメラと照明や各倍率のレンズ等を備えた拡大表示装置のことをいう。 パソコン等のディスプレイに表示できることで複数の人間が同時に観察できる。 マイクロスコープとは拡大表示装置であるため拡大された画像が見にくい場合が多いが、パソコン上のソフトで画像処理が容易に行える機能を持つ。 研究室等の他、製造業における製品品質や探傷チェックでも多く使用されている。 微生物等の観察においてはパソコン上で動画ファイルとして保存することも可能である。 昨今、無線化されたカプセル状の胃カメラなども普及している。

現在のマイクロスコープとは従来の単なる拡大表示装置でなく多機能である。 最新のマイクロスコープは最も特徴的な機能として、3D・深度合成機能を有している点である。 従来では立体的な被写体はすべてにピントを合わせることが不可能な為、観察したい箇所にその都度ピントを合わせる必要があった。しかし最新のものは被写体を瞬時に深度合成し3D観察できる。 その他、広い範囲で観察する場合は大抵測定倍率を下げる。 しかしながら2D/3D画像連結という機能を持つスコープでは、広視野高解像度のパノラマ画像をつくることで倍率や計測精度を下げずに被写体の全体像を観測できるものがある。 他には被写体に接触することなく被写体を計測できる機能を持つものまである。

お悩みをズバッと解決!マイクロスコープとは何か、こちらを見ればすぐにわかります。ぜひ今すぐチェックしてみましょう。

製品の耐久を調べて安全性を確保することが行われています。材料試験はその一つであり、日本のものづくりを支えている技術です。

オススメリンク